読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パンとエスプレッソと、で念願のフレンチトースト

やたら甘いものばかり食べてますが、先日表参道のドミニクアンセルベーカリーに行ったあと、「パンとエスプレッソと」というベーカリー兼カフェに行ってきました。

 

f:id:rachel777:20170119163032j:plain

 

なんの下調べもなしに行ってしまったのですが、フレンチトーストが食べられるのは15時からのみ!という情報だけを頼りに、とりあえずお店の位置だけ確認しとくか…とお店の前に着いたのが13時50分。見ればフレンチトーストのご予約は14時から、と書いてあったので、10分程待って名簿に名前を記入しました。それにしても寒かった。大寒波到来の日だったので、10分外で待つなんて本当に拷問でした・笑

でも待った甲斐があり、なんと3番目に名前を書けました。前の2組が30食食べなかったら、私達も無事に食べられることになります。

 

とりあえず15時にまた来てくださいとのことだったので、その間はsabonの本店に行ってスクラブを買ったり、ジョンマスのお店でシャンプー買うか悩んだり。

 

そしていざ念願のフレンチトースト。

 

f:id:rachel777:20170118234314j:plain

 

これ、人生で食べたフレンチトーストの中でいっちばんおいしかったです。バターの風味がしっかりしてるし、なによりもふわっふわ。スキレットごとオーブンに入れて焼くので、食べてる間も熱々をキープしていて、こっちがとろけそうになるほど幸せを感じるフレンチトーストでした。

 

f:id:rachel777:20170118234640j:plain

 

はちみつもお好みでかけられます。甘すぎず、ちょうど良い感じでした。

 

待ってる人がたくさんいたので、食べ終わってからあまりゆっくり出来ませんでしたが、おいしいフレンチトーストが食べたい!という方は行ってみる価値ありだと思います。だってふわふわでとろけたもん。

帰りに同じ通り沿いに「幸せのパンケーキ」のお店があったのですが、そちらも大行列だったので次回トライできればなと思ってます。

 

あ、それとこの日のお昼にはルークスロブスターのロブスターロールも食べました。どれだけカロリーを摂取したことか…恐ろしくて考えたくないですが、まぁおいしかったので良しとします・笑

f:id:rachel777:20170119163851j:plain

これでレギュラーサイズです。USサイズと迷いましたが、この後フレンチトーストも控えていたので、レギュラーにして正解でした。12時くらいにお店に着いたのですが、注文まで5分くらい待って、ものを受け取るまでにまた5分くらい待った感じでした。おいしかったけど、まぁこれはもう食べなくてもいいかな?980円出すなら別のもの食べたい…というのも、このお店はイートインスペースがなくて、お店の前にちょこっとベンチがあるのみなのです。だからゆっくり食べられないし(これがアメリカンスタイルなのかもしれないけど)、ごはんをちゃんと楽しみたい!という日には向きません。

 

あ、あとこれは超個人的な感想ですが、残念なことに店員さんの態度があまりよくないかったです・笑

なんかね、忙しいのはすごいわかるんですけどもうちょっとにこやかにできないものかなぁとね、思ってしまいました。そりゃ外国人のお客も多いし、お客さんは次から次へと来るし、注文間違っちゃいけないし…って大変なのもわかります。でも、でもね…ちょっと気になってしまったので、他にもそう思う人、いると思います。

特に私はドミニクアンセルベーカリーで満面の笑みで接客受けちゃった後だったので。まぁ人の振り見て我が振り直せ、ではないですけど、私も仕事中はもっとにこやかにしてようって思いました。

 

おわり。

ドミニクアンセルベーカリーに行ってきました。

昨日、いとこと話題の表参道にあるドミニクアンセルベーカリーに行ってきました。すごく混んでいると聞いたのですが、まぁ30分~1時間くらい待っても別にいいよね~と11時に表参道駅に集合。原宿方面に歩いていき、路地裏に入るとおしゃれな佇まいの「ドミニクアンセルベーカリー」を発見。

 

f:id:rachel777:20170116153722j:plain

 

でもあんまり人がいないし、お店の前にだーれも並んでないので「まさか休み?」と思って店内を覗いたら、ちゃんとお客さんがいました。

 

f:id:rachel777:20170116153840j:plain

でもあまりの人の少なさに拍子抜け(笑)

昨日は大寒波到来ですっごく寒かったこともあったのでしょうが、1階のイートインスペースにも楽々座れました。

クロナッツにも惹かれましたが、やはりここでは「フローズンスモア」をチョイス。そして寒くて体が冷えていたので、ホットのカフェラテも注文しました。

f:id:rachel777:20170116154034j:plain

番号が呼ばれてカウンターに行くと、目の前で店員さんがバーナーで炙ってくれます。マシュマロの中にチョコレートでコーティングされたアイスクリームが入っているのですが、冷凍庫?から半解凍状態で取り出されたマシュマロを見て「なんだかお豆腐みたい」と思ったことは内緒です。

 

マシュマロは表面がパリパリ、でも中は冷たくてまさに新食感!死ぬほど甘かったけど、食べられてよかったです。あと、このカフェラテがとってもおいしかった。苦すぎず、ミルクたっぷりで。このカフェラテはまた飲みたい。

 

ちょうどお店を出る頃になってちらほらとお客さんが列を成し始めてました。11時台は穴場だったのでしょうかね。16時頃、やっぱりクロナッツをお土産に買って帰ろうと思ってまた寄ったら、今度はお店の外側までずらりと行列になっていたので諦めました。

 

f:id:rachel777:20170116154446j:plain

 

店員さんたちがとても爽やか&にこやかでとてもよかった。またカフェラテを飲みに立ち寄ろう。

江川海岸に行った話

2017年も11日が過ぎました。2019年からは元号が変わるとかで大騒ぎですね。わたしは昭和63年生まれなので、そういう概念がわかるようになったころにはすでに「平成」を使っていて。だから新しい元号にちゃんと適応できるのだろうか、とかそんなどうしようもない不安を昨日は漠然と抱えていました。

まぁ、なんとかなるよね。きっと。

 

さてこの間読んだ、川村元気さんの「四月になれば彼女は」という本でボリビアのウユニ塩湖にすごく興味を持ちました。私も死ぬまでには一度行ってみたい。インドのカニャークマリの朝日を見に行くシーンも出てきますが、そこにもいつか行ってみたいと思う。

 

それでウユニ塩湖はさすがに遠すぎて行けないので、千葉県の木更津にある江川海岸に行ってきました。日本のウユニ塩湖と呼ばれているそうで、「千と千尋の神隠し」の電車のシーンにも同じような風景が使われていたとかなんとか。

 

とりあえず総武線に乗って千葉駅まで。そこから人生で初めて内房線に乗りました。千葉からは大体30分くらい。木更津に降り立ったら今度はバス。木更津アウトレット行きに乗って「江川」という停留所で下車。そしてさらにそこから歩いて30分くらい。遠くて途中でめんどくさくなりましたが、引き返すのも大変なので、とにかく前へ進む。

 

途中お墓とかたくさんあって怖かったです。昼間だったのでよかったのですが、歩いている人は誰もいなくて。潮干狩り場みたいなので夏場は人が多いのでしょうが、この寒い時期に海なんて見に行く人あんまりいないよね。

 

でも着いてみたらとても綺麗な景色が広がっていて、疲れているのも忘れて写真を撮りまくりました。

 

f:id:rachel777:20170112095438j:plain

 

f:id:rachel777:20170112095454j:plain

 

この日は満潮が11時半くらいだったのですが、海岸に到着したのが12時ちょっと過ぎくらいだったので、すごく良い写真が撮れました。この電線が海に埋まっているのがなんとも素敵で。遠くに見えるのは川崎の工業地帯。

 

f:id:rachel777:20170112095826j:plain

空には羽田空港から飛び立った飛行機が、いくつも飛行機雲を作っていて、ほんとうに綺麗でした。しばらくぼけっと景色を見たあと、引き返して今度は巌根駅というところまでがんばって帰りました。迷子になって1時間位さまよってしまいました…。

 

カメラはOlympus Pen PL-6を使っています。今年はカメラをもっとたくさん持ち歩いて綺麗な写真をたくさん撮りたいな。まだまだ初心者だけど、なるべく自分の見た風景をすべて写真に収めたいと思います。

 

 

 

星の王子さま

f:id:rachel777:20161202101021j:plain

 

この間テレビでオリラジのあっちゃんが取り上げていた「星の王子さま」。小学生の頃はよく理解ができなくて、何回読んでも途中で挫折してました。

最近、ずっと仲良くしていた人と突然音信不通になってしまい、本当に辛くて。私に非があったのかなと悩みましたが、どうもそうではなさそうだし、話すことさえできないのは本当に悲しいです。なんの解決もできない。

そんな折、ふと出会った星の王子さまの中に出てくる言葉が、本当に今の私に必要なものだったから、感動した部分を書き留めて置こうと思います。

 

It is the time you have wasted for your roses that makes your rose so important.

きみのバラをかけがえのないものにしたのは、君が、バラのために費やした時間だったんだ。 

 

一日数分、時には数十分、毎日かかさず連絡を取り合っていた人が突然自分の世界からいなくなってしまったことに、かなりショックを受けました。時間を費やしたものはかけがえのないものになる。多分人だけでなく仕事でもそうだと思います。時間を掛けて考えたプロジェクトが成功したり、時間を掛けて対応したお客さんが購入してくれたときの喜びって本当に言葉で言い表せない程ですよね。

 

It's because you're probably completed selfishly by oneself, that I stick to you like this.

ぼくがこれほど、あなたに執着しているのは、たぶんあなたを、自分で勝手に作り上げているから。 

 

恋愛しているときって、本当にこの状態に陥りやすいと思います。勝手に自分の中でその人のことを作り上げ、美化してしまう。そして裏切られたときには「こんな人じゃないはずなのに」と思い悩む。この言葉は、ふとした時に思い出せるようにしたいなぁと思いました。

 

There is only only one of something as true luxury.

That's to be blessed with the human relations.

本当の贅沢というものは、たった1つしかない。

それは、人間関係に恵まれることだ。 

 

ついこの間話題になっていた「嫌われる勇気」という本でも学んだことですが、人間の悩みの根源はすべて「人間関係」であるということ。その人間関係に恵まれることが本当に贅沢だというのは、とても共感できる言葉です。

 

大人になると、こどもの頃には当たり前だったことをすっかり忘れてしまうことがよくあります。星の王子さまの本は、それを思い出させてくれる大切な本です。これからも大事にしていきたいなと思いました。